GUN-KOTEトップページ
>> 施工依頼
>> 塗料購入
塗料価格 カラー見本 施工例 施工&設備 メディア ユーザーの声
施工&設備
商品の取り扱い・塗装&乾燥作業に付いては以下の点にお気をつけ下さい。 怠った場合、塗料本来の性能が発揮されず塗装強度が格段に落ちます。
推奨設備
塗装前の下準備
 
1. 塗装対象物をサンドブラスターなどで表面処理し、足付け作業を行ってください。
2. ブラスト作業が完了しましたら脱脂剤などで表面を拭き上げてください。 脱脂が完全でないと塗料の密着に影響が出ます。
3. 焼付け窯もしくは乾燥炉などで熱を加え、表面に残っている油分・水分を完全に蒸発させてください。
 
 
ガンコート塗装
 
1. 塗装用ガンにGUN-KOTEを移す前に缶をよく振ってください。缶底に成分が沈殿している場合がありますので少なくとも10-15分はよく振ってください。
2. ガンコートに希釈は必要ありません。 原液のまま塗装用ガンに移して塗装を行って下さい。
3. 初めからウエットに吹かずに、バラ吹きを数回行ってください。(場合によってはヒーターガンやドライヤーなどで乾燥させながら)
4. 塗装が完了したら、焼付塗装専用窯などで170度+1時間以上の焼付けを行ってください。 ※焼付け作業は塗装後直ちに行っていただいて構いません。
5. 焼付け温度170度(最低でも165度以上)+1時間の条件が確保されませんと塗装面の性能が著しく低下する恐れがあります。
 
 
ガンコートの取り扱い及び保管
 
1. 手や顔など、皮膚にかかった場合は直ちに洗い流してください。 作業に当たっては適正な服装及び防護装備を装着して行って下さい。
2. 目、口、鼻などへは絶対に入らないように防護装備を着用してください。 仮に入ってしまった場合は大量の水で流した後に医療機関にて診断を受けてください。
3. 一度開封したガンコートは必ず蓋を閉めて高温にならない場所に保管してください。 残りの塗料は出来るだけ早い時期に使い切ってください。
4. 塗装に使用した塗装用ガンは洗浄用アセトンなどでキレイに洗ってから保管してください。 怠るとガンの中で固着する場合があります。
5. マグネシウムなど、一部の素材に塗装密着の悪いものがあります。 そのような物への施工はカーベックまでご相談下さい。
 
 
<< トップページ  
【ガンコート日本総輸入代理店】 Total Car Life Support CARVEK
〒477-0032 愛知県東海市加木屋町栗見坂26-4 TEL:0562-31-0833 FAX:0562-31-0832 E-MAIL:info@carvek.jp